パッド印刷機・スクリーン印刷機・製造・販売
新しいパッド印刷システムのご紹介 パッド印刷をはじめ各種製品案内 パッド印刷のしくみ パッド印刷関連の展示会のご案内 パッド印刷機のエースミシマ:会社概要 パッド印刷機、その他の関連のお問合せはこちらまで。

SG(クローズド インク スーパー CUP)の説明へ   SK(クローズド インク スーパー BOX)の説明へ   WG(クローズド インク ダブル CUP)の説明へ
SG(クローズドインクスーパーCUP)   SK(クローズドインクスーパーBOX)   WG(クローズドインクダブルCUP)
 
K(クローズド インク BOX)の説明へ   G(クローズド インク CUP)の説明へ   O(オープン)の説明へ
K(クローズドインクBOX)   G(クローズドインクCUP)   O(オープン)

WG CUPシステムに、SK BOXシステムを組み合わせる事により、最強のインクスーパーカップシステム(SG SYSTEM)PATENT.Pが完成しました。
このシステムを搭載した印刷機は、長時間の無人化運転が可能です。

インク部の気密度を上げるため、シャッター方式の溶剤スーパーコントロールボックス(SK BOX)PATENT.Pを搭載する事により、精度の高い印刷の自動化が可能です。

インクカップ(G CUP)に、溶剤コントロールカップ(WG CUP)
PATENT.Pを組み込む事により、インクカップ(G CUP)内のインクの粘度を長時間一定に保つ事が出来、印刷機の自動化が可能です。

インク部を溶剤コントロールボックス(K BOX)PATENT.Pの中に封じ込め、内部を溶剤で充満させる事により、インクの粘度を長時間一定に保つ事が出来ます。

インクを、インクカップ(G CUP)の中に封じ込め、溶剤の蒸発を極力を押える方式ですが、数時間後には粘度が高くなり、糸引き及びピンホール等の不良の原因になります。

インク部が開放型のため、インク内の溶剤の飛散が激しく、作業者はインクの粘度調節を頻繁にする必要が生じます。


シリコンパッドに付着するホコリや、インキ残り等の汚れを自動的にクリーニングするシステムです。 気象条件や印刷条件等によってクリーニングテープ巻取りの頻度を調整できるので経済的です。

Copyright(C) 2006-2009 MISHIMA CO.,LTD. (JAPAN)